光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2013年5月22日水曜日

論文掲載(本助成研究内容とは直接的関係はありません)

Synthesis誌に研究室から論文が出ました。
http://www2.kobe-u.ac.jp/~ryomatsu/ronbun.html

 フロキサンというヘテロ環の効率的合成法です。
 将来的に、本助成研究にもフロキサン骨格を組み込んでいければ面白いなあと考えています。

 今回の論文は、研究室を立ち上げてからの初論文で、初めて、*マーク(corresponding author)を自分の名前に付けることができました。
 講座制の研究室では、*マークを研究室のボス以外の名前にも付けるか付けないかという話はよく研究者の間で話題に上ります。ボスによっては、(たとえアイデアが誰由来のものであれ)絶対に自分以外の人間には*マークを付けさせない人もいれば、中心となって研究を進めた教員には付けさせるという人もいます。
 人事選考では、業績欄の論文リストで、この*マークがついているか、またはfirst authorかというのが考慮されることも多いようです。上で述べたように、*マークが付く付かないというのは、ボスの意向によるところが大きいので、これによって人事が影響を受けるというのも問題がありますね。他人の業績を正しく判断するのはとても難しいようです。

2013年5月7日火曜日

日本国際賞授賞式と祝宴に出席しました

助成金授賞式の次の日に開催されました、日本国際賞授賞式と祝宴に出席してきました。

ドレスコードが「Black tie」と指定されていました。無知をさらしますが、これがタキシードの意味だと知らず、黒いネクタイであればいいのだと勘違いしていました。何かのメールのついでに、財団コミュニケーショングループ小倉さんに、「ところでタキシードはご用意されていますか」と尋ねられて慌てて用意しました。

天皇陛下が式、祝宴ともにご臨席され、貴重な体験をさせていただきました。

国際科学技術財団研究助成金贈呈式および日本国際賞学術懇談会に出席してきました

神戸大学大学院理学研究科化学専攻准教授の松原亮介です。

ブログというものはあまりなじみがありませんが、これからなるべく頻繁に更新していく予定ですのでよろしくお願いします。

さて、最初の記事は「国際科学技術財団研究助成金贈呈式および日本国際賞学術懇談会への出席」に関する記事です。

ホテルニューオータニでの贈呈式では、同じ助成金をいただいた先生方と今回の助成金採択審査を行った先生方と歓談する機会を与えていただきました。助成金をいただいた、いわば「同期」の先生方は皆、今回初めてお会いした方々でしたが、審査委員の東京医科歯科大学教授の影近先生は、以前の大学で私が学生の頃にお世話になった先生でした。以前の先生に申請テーマを評価していただき、とても感慨深いものがあります。

同期の先生方の中には分野が近い先生もいらっしゃり、話が盛り上がりました。また、分野が遠い先生であっても、大学教員、または研究者という立場は同じなので、研究室の運営や学生さんの指導の難しさ、研究費の獲得状況など、話題は尽きず、半分愚痴も含まれた情報交換を行いました。