光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2013年5月7日火曜日

国際科学技術財団研究助成金贈呈式および日本国際賞学術懇談会に出席してきました

神戸大学大学院理学研究科化学専攻准教授の松原亮介です。

ブログというものはあまりなじみがありませんが、これからなるべく頻繁に更新していく予定ですのでよろしくお願いします。

さて、最初の記事は「国際科学技術財団研究助成金贈呈式および日本国際賞学術懇談会への出席」に関する記事です。

ホテルニューオータニでの贈呈式では、同じ助成金をいただいた先生方と今回の助成金採択審査を行った先生方と歓談する機会を与えていただきました。助成金をいただいた、いわば「同期」の先生方は皆、今回初めてお会いした方々でしたが、審査委員の東京医科歯科大学教授の影近先生は、以前の大学で私が学生の頃にお世話になった先生でした。以前の先生に申請テーマを評価していただき、とても感慨深いものがあります。

同期の先生方の中には分野が近い先生もいらっしゃり、話が盛り上がりました。また、分野が遠い先生であっても、大学教員、または研究者という立場は同じなので、研究室の運営や学生さんの指導の難しさ、研究費の獲得状況など、話題は尽きず、半分愚痴も含まれた情報交換を行いました。

2 件のコメント:

  1. 中原(Japan Prize)です。初ブログありがとうございます。
    実は、以前から少し気になっていたことがあったのです。先生が最後の文節で語られている、分野が遠い先生方との会話です。研究者の皆さんは、研究に没頭する毎日を過ごされているので、お互いに遠い分野の話は盛り上がらないだろうに、どうやって話がつながっていくんだろう?と思っていたのです。。その答えの一部が見つかったような気がします。
    今後も、違う分野の先生方との情報交換も含めて今回の研究助成金獲得のチャンスを多いに活用してください。

    今後の積極的な投稿を期待しています。でも、まず研究ですよね!

    返信削除
  2. 小倉(ジャパンプライズ)2013年5月8日 8:40

    ご参加ありがとうございました。セミナーではいろいろご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
    ブログ、期待していますよっ!

    返信削除