光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2013年11月16日土曜日

やさしい科学技術セミナー終わりました

やさしい科学技術セミナー終わりました。

まずは、お世話になりました中原さん、小倉さん、安田先生、それと研究室のTAの学生さん、どうもありがとうございました。おかげさまで無事に終了と言っていいと思います。

それから来てくださった生徒さん、引率の先生方、本当にお疲れ様でした。

少し振り返ってみますと、
①座学
 最初の方はやっぱり中学生にはつらかったかなあと。原子や分子という話をしました。これを話さないと始まらないのですが、もう少し興味を引くように話を組み立てればよかったかと。反省点です。臭いの分子を渡したあたりから生徒さんの目が少し復活してくれました。

②実験
 何とかほぼ時間内に終了しました。四塩化チタンを水に垂らしてモクモクと煙が出るという実験でまずは生徒さんの心をつかんで、、、とか思っていたのですが、案外煙モクモクがしょぼかったです、、、こじんまりとしていました。
 次のエタンチオールで少し救われました。やはり臭いがギネスブック級ということで、それなりに驚き苦しんでいただきました。困ったときのエタンチオールです。大学の授業なんかでも重宝しています。
 あとのクロマトグラフィーの実験は、物質の分離を学んでいただく実験で、ちょっとまじめなものです。このあたりでは生徒さんもTAとなじんできていたので、笑いも出ながら本当の実験というものを体験していたという印象です。

反省点は多かったですが、全体としてまあよしとさせてください。肩の荷が下りました。

さて、セミナー終了後にちょっとしたハプニングがありました。
エタンチオールはあまりに臭いがきつく、ガス漏れの際の臭いと同一なので大気に多く蒸散させると近隣住民から消防車を呼ばれます、とセミナー中に説明していました。ですので、これを処分する際は、酸化剤と反応させて臭いのない酸化物にしてから廃液として処理しないといけません。
と、TAの学生さんに言おうとしたら、既にそのまま廃液タンクの中に捨てていました、、、、
途端に部屋中がエタンチオールの臭いにまみれ、同じ階の別の研究室の学生さんや先生方が、「どうしたどうした」と集まってきました、、、、今は収まっています。また消防車も(まだ)来ていません。月曜日に廃液タンク一本の処理をしないとなあという状況です。いい経験です。

次は安田さんにバトンタッチです。私もお手伝いに参ります。頑張りましょう。


2013年11月1日金曜日

安田さんと打ち合わせ

いよいよやさしい科学技術セミナーが近づいてまいりました。時がたつのは恐ろしく早いものです。
本日、京大の安田さんがわざわざ神戸大まで来てくださり、双方のセミナーの打ち合わせを行いました。お互いがお互いのTAの一人として担当することになっています。

安田さんにはセミナーの打ち合わせ以外に、ご専門とされている金属精錬のお話をいろいろと聞かせていただきました。
安田さんはとにかく金属をこよなく愛している方です。セミナー用に金属会社からいくつかの金属をいただいたということを、非常にうれしそうにお話しされているのを見て、ほかほかした気分になりました。なんでも、旅行に行かれた時も、その場所で発掘されたという刀剣が展示されているのを見に行き、どんな不純物が入っているのだろうなどと想像されるのが楽しいとおっしゃっていました。私が薬や甘味料などがどういう分子構造をしているのだろうと興味を持つのと似たようなものだろうかと思いましたが、なんかそれ以上の研究に対する熱さを感じました。

セミナーがとても楽しみです。研究に興味を持ってくれる小中学生が一人でも増えるように頑張りたいと思います。