光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2013年11月1日金曜日

安田さんと打ち合わせ

いよいよやさしい科学技術セミナーが近づいてまいりました。時がたつのは恐ろしく早いものです。
本日、京大の安田さんがわざわざ神戸大まで来てくださり、双方のセミナーの打ち合わせを行いました。お互いがお互いのTAの一人として担当することになっています。

安田さんにはセミナーの打ち合わせ以外に、ご専門とされている金属精錬のお話をいろいろと聞かせていただきました。
安田さんはとにかく金属をこよなく愛している方です。セミナー用に金属会社からいくつかの金属をいただいたということを、非常にうれしそうにお話しされているのを見て、ほかほかした気分になりました。なんでも、旅行に行かれた時も、その場所で発掘されたという刀剣が展示されているのを見に行き、どんな不純物が入っているのだろうなどと想像されるのが楽しいとおっしゃっていました。私が薬や甘味料などがどういう分子構造をしているのだろうと興味を持つのと似たようなものだろうかと思いましたが、なんかそれ以上の研究に対する熱さを感じました。

セミナーがとても楽しみです。研究に興味を持ってくれる小中学生が一人でも増えるように頑張りたいと思います。

3 件のコメント:

  1. はい、そのとおりです(笑)
    お互いがんばりましょう!

    返信削除
  2. 中原です。
    お二人の熱い思いは、きっと子供たちに伝わるとおもいますし、その子供たちの中から、将来、立派な科学者になる事を目指す人が出てくることを祈ります。

    偉大な発見や科学の業績も、その前にある様々な実験の成果の上に成り立っているわけですから、科学の世界の業績も世代から世代に、たすきを渡していく、駅伝のようなものですよね?

    我々は沿道から、応援している立場ですね。

    ”頑張れ~!”と叫びたくなります。

    返信削除
    返信
    1. 中原様
      コメントありがとうございます。
      科学は学べば学ぶほど面白い、ということを少しでもわかってもらえるように頑張ります。私は、生体機能の分子レベルでの解明を大学で学び非常に感銘を受けたのを覚えています。その感動をわかってもらえるようにセミナーでは工夫したいと思います。

      削除