光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2013年11月16日土曜日

やさしい科学技術セミナー終わりました

やさしい科学技術セミナー終わりました。

まずは、お世話になりました中原さん、小倉さん、安田先生、それと研究室のTAの学生さん、どうもありがとうございました。おかげさまで無事に終了と言っていいと思います。

それから来てくださった生徒さん、引率の先生方、本当にお疲れ様でした。

少し振り返ってみますと、
①座学
 最初の方はやっぱり中学生にはつらかったかなあと。原子や分子という話をしました。これを話さないと始まらないのですが、もう少し興味を引くように話を組み立てればよかったかと。反省点です。臭いの分子を渡したあたりから生徒さんの目が少し復活してくれました。

②実験
 何とかほぼ時間内に終了しました。四塩化チタンを水に垂らしてモクモクと煙が出るという実験でまずは生徒さんの心をつかんで、、、とか思っていたのですが、案外煙モクモクがしょぼかったです、、、こじんまりとしていました。
 次のエタンチオールで少し救われました。やはり臭いがギネスブック級ということで、それなりに驚き苦しんでいただきました。困ったときのエタンチオールです。大学の授業なんかでも重宝しています。
 あとのクロマトグラフィーの実験は、物質の分離を学んでいただく実験で、ちょっとまじめなものです。このあたりでは生徒さんもTAとなじんできていたので、笑いも出ながら本当の実験というものを体験していたという印象です。

反省点は多かったですが、全体としてまあよしとさせてください。肩の荷が下りました。

さて、セミナー終了後にちょっとしたハプニングがありました。
エタンチオールはあまりに臭いがきつく、ガス漏れの際の臭いと同一なので大気に多く蒸散させると近隣住民から消防車を呼ばれます、とセミナー中に説明していました。ですので、これを処分する際は、酸化剤と反応させて臭いのない酸化物にしてから廃液として処理しないといけません。
と、TAの学生さんに言おうとしたら、既にそのまま廃液タンクの中に捨てていました、、、、
途端に部屋中がエタンチオールの臭いにまみれ、同じ階の別の研究室の学生さんや先生方が、「どうしたどうした」と集まってきました、、、、今は収まっています。また消防車も(まだ)来ていません。月曜日に廃液タンク一本の処理をしないとなあという状況です。いい経験です。

次は安田さんにバトンタッチです。私もお手伝いに参ります。頑張りましょう。


8 件のコメント:

  1. 松原先生おつかれさまでした。
    お手伝いしながら、コミュニケーションって難しいなぁと改めて感じました。
    そして、先生のセミナーを受けて、ストーリーなどを変更しようかと、今こっそり作業中です。
    26日はよろしくお願いします!

    返信削除
    返信
    1. 安田先生
      お疲れ様でした。
      反省点は今回多かったですが、そういう点も含めて安田さんのセミナーのご参考になれば幸いです。
      それではまた10日後に。

      削除
  2. 松原さん
    セミナーお疲れ様でした。内容的にも良く考え抜かれた面白いセミナーだったですよ。生徒たち何人かとともに、引率されてこられた先生方ともお話をする機会がありましたが、皆、「勉強になった」と言ってました。

    ありがたかったのは生徒さん達にほぼ一対一の対応をしていただいたTAの皆さんです。非常に熱心に子供たちを導いていただき、子供たちの目が輝いていました。

    やはり、ああいう瞬間(子供たちが、科学の世界に一歩足を踏み入れる様子)を目の当たりにすると感動を覚えます。少しずつでもいいからこの感動の輪を広げたいですし、この生徒さん達の中から将来、松原先生のように研究助成を受けられるような生徒さんが出てくれたらうれしいです。そして、すべてのスタートは、「やさしい科学技術セミナーでした!」な~んて言ってくれたら、即昇天ですね。

    エタンチオールの臭禍に会わなくてよかったです。
    うっかりしていたTAさんも忘れられない出来事になりましたね。

    本当にお疲れ様でした!

    返信削除
    返信
    1. 中原さん
      お疲れ様でした。
      おっしゃる通りで、今回一番よかったのはTAがほぼ1対1で生徒さんと接することができた点です。当初の予定の25名ぐらいの生徒さんが来ることになっていたら今回の実験内容はとてもできなかったと思います。
      今回引率で来てくださった中学校理科の先生が偶然にもTAの一人の中学の頃の恩師でした。つまり、その先生の教えを受けたから彼は現在私の研究室で研究をしているともいえると思います。
      将来、今回のセミナーを中学の頃に参加したから研究者になったという人が現れてくれればうれしいです。

      削除
  3. 小倉(ジャパンプライズ)2013年11月22日 9:30

    大変な事件があったのですね。大事にいたらなくてよかったです。

    さて、参加して下さった立命館中学のホームページにセミナーのことを記載していただきました。
    http://www.ujc.ritsumei.ac.jp/ujc/news/detail.php?eid=01600
    記事にもありますが、卒業生の安藤さんのことに触れています。

    自分の教え子が第一線で活躍している様子をみて、竹内先生も嬉しかったのではないかと思います。
    参加した生徒も活躍している先輩の姿に憧れて、科学者の道を志すことでしょう。

    それでは来週、山口小学校でお目にかかりましょうっ!

    返信削除
    返信
    1. 小倉さん

      お世話になりました。
      安藤君のことはびっくりしました。うれしい偶然です。
      それでは来週もよろしくお願いいたします。

      削除
  4. 実験が楽しかったです。エタンチオールは、臭いがきついのでもって帰らない人もいました。TAの方が、やさしく実験を教えてくださったり、気軽に質問ができてよかったです。ありがとうございました。立命館宇治中学校自然科学部

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとう!
      TAの学生さんたちも、中学の生徒さんといろいろと話ができて楽しかったと言っていました。今はインターネットでいろいろと疑問点などは簡単に解決できて便利になってきているけど、よくわからないことがあったらいつでも我々に尋ねてきてください。素朴な疑問からいい研究が生まれるものですよ。
      松原

      削除