光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2014年4月14日月曜日

一年のまとめ

「光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発」というテーマで1年間研究をさせていただきました。

1年間で計画していたことを全てすることはできませんでしたが、そもそもこの研究テーマは予備実験など全くなく机上で考えたものでしたので、それを考慮すると少し得るものがあったのでラッキーだったかなと思います。自然の摂理に逆らうことはできませんので、工夫してもどうしようもないことがあります。我々の研究に対して、自然はまだ完全には認めてくれていませんが、少なくとも全くだめだとは言っていないようです。

具体的に簡潔に成果を述べると、我々が設計した触媒系を用いると、アルコールの直接的還元反応が13%収率で進行しました。

収率というのは最高100%ですので、その13%というと極めて低収率でこのままでは使い物になりません。確かにそうなのですが、今まで1%だったものが13%になったのと今まで0%だったものが13%になったというのでは意味合いが異なり、今回の結果は後者のものですので、それなりに満足しています。

研究以外では、やさしい科学技術セミナーを開催させていただきました。私は中学生10名ほどの生徒さんに講義と実験を体験してもらいました。私はそれまで大学生にしか教えたことがなかったので、とても良い経験になりました。機会あれば今後も積極的に続けていきたいと思います。


はじめは正直、ブログを書くように勧めたり一般向けセミナーを開催させたりと、特異な財団だと思っておりましたが、今は研究者仲間に最も勧めたい研究助成財団です。ありがとうございました。また、今後とも長いお付き合いをお願いいたします。

2014年1月29日水曜日

文献検索に関する話

小倉さんからあからさまな催促をいただきましたので更新いたします(笑)
皆様、今年もよろしくお願いいたします。

研究者をやっていて、やはり一番嫌だと思うのは、文献検索じゃないかと思います。なにか面白い結果が得られたが、これは果たしてこれまでに報告されていたかどうか、2年前は誰もやっていなかったけど、今でもやっぱり報告例はないのか、などを調べるのは非常に労力がかかります。でもこれをやっておかないと後で非常に痛い目を見るので、とても重要です。あることを証明するのは簡単なのですが、ないことを証明するのは難しいですね。

さて、この文献検索においても、最近(ここ10数年)になり非常に進歩しました。私が学生の頃はぎりぎりscifinderがなく、chemical abstractという図書館一列を埋め尽くすほどの本を一日がかりで検索していました。しかもこの検索法は穴だらけで、見つからなかったとしても本当にないと自信を持つのは非常に難しかったです。

それからscifinderなどの検索ソフトの恩恵を受けられるようになり検索が格段に楽になりました。これは本当にありがたいです。ただ、scifinderなどの検索ソフトのライセンスは高いですね。私の大学では、1ライセンスが1年で10万円です。

驚きなのは、この文献検索においてもgoogle検索が非常に役立つということです。過去の文献がデータベース化(電子化)されてきているのが大きな要因かと思いますが、これには本当に驚きです。また、たとえば酸化反応の種類を調べたいと思ったら、「酸化反応」とググればたいてい世界の誰かがきれいにまとめてwebに載せてくれていたりするので、最近は専門書や教科書以上に役立つ情報を手に入れることができます。

と、雑談っぽいblogとなりました。すいません。