光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発

松原 亮介
(神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻 准教授)

2014年4月14日月曜日

一年のまとめ

「光エネルギーを用いる触媒的アルコール還元反応の開発」というテーマで1年間研究をさせていただきました。

1年間で計画していたことを全てすることはできませんでしたが、そもそもこの研究テーマは予備実験など全くなく机上で考えたものでしたので、それを考慮すると少し得るものがあったのでラッキーだったかなと思います。自然の摂理に逆らうことはできませんので、工夫してもどうしようもないことがあります。我々の研究に対して、自然はまだ完全には認めてくれていませんが、少なくとも全くだめだとは言っていないようです。

具体的に簡潔に成果を述べると、我々が設計した触媒系を用いると、アルコールの直接的還元反応が13%収率で進行しました。

収率というのは最高100%ですので、その13%というと極めて低収率でこのままでは使い物になりません。確かにそうなのですが、今まで1%だったものが13%になったのと今まで0%だったものが13%になったというのでは意味合いが異なり、今回の結果は後者のものですので、それなりに満足しています。

研究以外では、やさしい科学技術セミナーを開催させていただきました。私は中学生10名ほどの生徒さんに講義と実験を体験してもらいました。私はそれまで大学生にしか教えたことがなかったので、とても良い経験になりました。機会あれば今後も積極的に続けていきたいと思います。


はじめは正直、ブログを書くように勧めたり一般向けセミナーを開催させたりと、特異な財団だと思っておりましたが、今は研究者仲間に最も勧めたい研究助成財団です。ありがとうございました。また、今後とも長いお付き合いをお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿